逆流性食道炎 症状 だるさ

逆流性食道炎によるだるさの症状!原因と対策は?

 

 

逆流性食道炎とは胃酸が込み上がってきて、場合によっては食道が胃酸によって炎症を起こすことがあります。

 

自覚症状の代表的なものは、胸やけです。

 

自覚症状がはっきりしていますので、もしそのような症状があらわれたら専門医に診てもらう必要があります。

 

胃カメラで患部を見ていきますので、症状が段階がはっきり読み取ることができます。

 

 

薬としては、まずは胃酸を抑えるために胃酸分泌抑制剤が処方されます。

 

逆流性食道炎と判断された場合には薬を指示どおり飲むほかに、香辛料などの刺激物を控えることです。

 

刺激物は胃を刺激して胃酸を余計に分泌するため逆流性食道炎に人にとっては逆効果になります。

 

お酒やビールなどのアルコール類やタバコも控えなくてはなりません。

 

日常生活においてストレスがたまっているときはストレスを解消しなければなりません。

 

 

香辛料やお酒が好きな人にとっては控えるべきですので、そのことでかえって、いらいら感やだるさ、食欲不振といったものを併発する恐れがあります。

 

このような人は香辛料やお酒が依存症になっていますので、完全に絶つのではなく、少しずつ減らしていきます。

 

 

Sponsored Link

 

 

栄養士さんや薬剤師さんも治療にアドバイスしてくれますので、遠慮なく質問してください。

 

食道炎が治りかけてくると、気分がよくなってきてだるさなども解消されてきます。

 

 

逆流性食道炎の薬はだいたい6〜8週間服用します。

 

飲み忘れもなくしっかり服用続けると、治る可能性が高くなり、食事もおいしく感じるようになります。

 

胃がかるくなったような気がしますので、だるさも解消されるといっていいでしょう。

 

ですがお酒やたばこは控えるべきです。特にタバコは絶対やめるべきです。

 

タバコは胃炎の他にも癌を誘発する恐れがあるからです。癌を患うと、場合によっては命取りになる可能性が高いです。

 

昔からすると日本人成人男性の飲酒や喫煙の割合が減ってきていますので、同時に逆流性食道炎を患う人が少なくなってきています。

 

 

Sponsored Link