逆流性食道炎 症状 ガス

逆流性食道炎の症状でお腹のガスは溜まりやすくなる?

 

 

逆流性食道炎は、日頃の食生活が原因となっている場合が多いです。

 

悪い生活習慣によって胃酸が逆流し、食道などに炎症をもたらしてしまう病気です。

 

代表的な症状としては、胃がもたれる、胸につっかえるような感覚がある、喉に違和感、咳が出る、お腹にガスが溜まり、げっぷやおならが止まらなくなる、などです。

 

これらの症状がすべて起きる場合もあれば、一つしか表れない場合もあり、人によって症状の度合いは違います。

 

逆流性食道炎になると、お腹にガスが溜まりやすくなるので、当然腹部が張るような感覚になります。

 

するとげっぷが止まらなくなったり、おならが出てしまったりするのです。

 

そしてげっぷを何度もしていると、胃酸がどんどん逆流してきます。

 

胃酸が食道の粘膜にまでいたると炎症を起こしやすくなり、さらに逆流性食道炎が悪化してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 

 

Sponsored Link

 

 

お腹のガスを減らすには、まず逆流性食道炎の治療を行うことが先決ですが、それ以外にも普段の生活から、お腹にガスを溜めないよう心がけることが大切です。

 

例えば早食いの人はガスが溜まりやすいと言われています。

 

よく噛まずにガンガン食べてしまうと、口の中から大量の空気が入ります。これによって溜まりやすくなるのです。

 

また、炭酸飲料が好きな人も注意が必要です。炭酸飲料には多くの炭酸ガスが含まれているため、毎日のように飲んでいると慢性的に溜まりやすくなってしまいます。
食事はゆっくりと、空気を入れる量を減らしながら行いましょう。

 

そして炭酸飲料は、逆流性食道炎の症状が治まるまでは控えることです。

 

逆流性食道炎が治ればいくらでも飲めるのですから、完治するまでは我慢しましょう。

 

お腹にガスが溜まってしまうと非常につらいですが、本人の意識次第で症状を緩和させることができると思います。

 

ただ単に病院の治療に任せるだけではなく、普段からお腹を労わってあげる努力を忘れずに生活していきましょう。

 

 

Sponsored Link