逆流性食道炎 症状 下痢

逆流性食道炎による下痢症状の原因と対策

 

 

逆流性食道炎は、みぞおち周辺が痛かったり、ひどい胸やけや食堂がしみる感じ、物がつっかえたような感じなどの症状が出る病気で、何らかの原因で胃の内容物が食道へ逆流して、胃液によって食道に炎症を起こす病気です。

 

胃から食道への逆流を防ぐ仕組みが働かなくなったり、胃酸の分泌が増えすぎたりして、胃の内容物が食道に逆流して長くとどまることで起こります。

 

逆流性食道炎の原因となる胃液や胃の内容物の逆流は、脂肪の多い食事や食べ過ぎ、肥満、加齢、姿勢の悪さなどによって起こるとされています。

 

逆流性食道炎を起こすと、下痢の症状を引き起こしてしまうことがあります。

 

その原因としては、逆流性食道炎の薬が体にあわないことや、薬で胃酸を抑えるのでそれによって消化力が低下し腸に負担をかけてしまっていることがあげられます。
どちらが下痢の症状を引き起こしている原因にしても、下痢の症状を改善するためには食生活を見直して、肉食をできるだけ控えるようにすることが大切です。

 

またアルコールや喫煙も控えるようにしなくてはいけません。

 

 

Sponsored Link

 

 

薬によって胃酸を抑えることで、消化力が低下してしまいます。

 

そのため消化の良いものをとるようにして、よく噛んで食べるようにし、腸の負担を軽くしてあげるようにすることが大切なのです。

 

しかし、急に食生活を変えたり禁酒、禁煙を始めてしまうと大きなストレスを抱えてしまうこともあります。

 

大きなストレスは腸を痛め、下痢の原因にもなってしまうことがあるので、自分が出来る無理のない範囲で始めるようにすることも大切です。

 

暴飲暴食を控えて、よく噛むことから始めるのも良い方法です。

 

また落ちてしまった消化力を補うためには、良質な腸内善玉菌をとるようにすると良いです。

 

そうすることで、腸内の消化力が高まり胃腸への負担が軽減できるので下痢の症状を改善していくことができるようになりますし、胃酸の過剰な分泌も抑えることができるようになります。

 

使っている薬があわないと感じる場合には、お医者さんに相談してみるようにし、薬を変えてもらうだけでも下痢の症状を治めることができることもあります。

 

 

Sponsored Link