逆流性食道炎 症状 鼻づまり

逆流性食道炎の症状に鼻づまりはあるの?

 

 

逆流性食道炎とは、胃液や胃で消化途中の食べ物が食道まで上がってきて、食道の粘膜が炎症を起こす病気で、欧米人に多かった病気ですが近年では日本人も多くの人が罹っています。

 

代表的な症状としてあげられるのは、胸焼けや酸っぱい物が込み上げる呑酸です。

 

胃液には食べ物を消化するために、かなり強力な酸性度の胃酸が含まれていますが、胃は胃壁から酸を中和する粘液を分泌して胃液から胃自体を守っています。

 

ですが食道にはそうした機能はありません。

 

なので何らかの原因で胃液の逆流が頻繁に起こると強い酸で食道の粘膜があれてしまうのです。

 

食後は胃酸の分泌が活発なので、食後すぐに横になると胃酸が逆流して症状の発生につながるので控えた方が良いですし、胃液の逆流は職語や睡眠中などくつろいでいる特に起こりやすいことも特徴です。

 

逆流性食道炎の症状として、胸焼けや呑酸が挙げられますが、胸焼けは何とも言えない嫌な感じがしたり、重苦しい、痛いといった胸に不快を感じることが多いです。

 

そして呑酸は他の病気では起こることがなく逆流性食道炎特有の症状といえます。

 

 

Sponsored Link

 

 

その他の症状は、食道が炎症を起こしてしまうことで蠕動運動が低下し、食べ物を胃へスムーズに運ぶことができなくなり、胸のあたりでつかえてしまって飲み込めなくなるといった胸のつかえがあります。

 

また、食道の一番口に近い部分には、肺に通じる気管の入り口である喉頭があるのですが、逆流した胃液によって喉頭の粘膜が炎症を起こすと咳が止まらなくなる、声がかすれる、出にくくなるといった喉の違和感や慢性の咳が症状として現れます。

 

同様に鼻も近いことから鼻づまりを引き起こすこともあります。

 

鼻づまりに関しては様々な原因も考えられます。

 

鼻づまりが直接逆流性食道炎を引き起こしていると考えにくいかもしれませんが、専門の医師に診察を依頼することが望ましいです。

 

逆流性食道炎はそれほど命を脅かす危険な病気ではありませんが、症状が似ている病気の中には狭心症や心筋梗塞、食道がんといった命にかかわるようなものもあるので、自己判断せずに医師の診断を受ける必要があります。

 

 

Sponsored Link