逆流性食道炎 症状 異物感

逆流性食道炎の症状で喉の異物感はある?

 

 

逆流性食道炎は胃食道逆流症の一種です。

 

端的には胃酸などの胃内容や中には膵液などの十二指腸内容が食道へと逆流することで炎症を引き起こしてしまうことを指します。

 

その結果、胸焼けなどの症状が起き胸の痛みやつかえ感といった症状も起こすことがあります。

 

また、食道だけではなく喉のほうまで胃の消化液がこみ上げることがあります。

 

その場合には喉の異物感を覚え痛みを伴うことがあります。

 

そうした症状が起きた場合、夜寝るときに気になってなかなか眠れないといったことに悩まされる可能性もあります。

 

逆流性食道炎がどうして引き起こされるかについてですが、食道と胃の境目にあたる部分には本来下部食道括約帯と呼ばれる胃の内容物が逆流しないようにする機能を持つ部分(LESとも呼びます)があります。

 

この部分は本来は閉じた状態になっています。

 

 

Sponsored Link

 

 

しかし嚥下運動を行っているほかげっぷが出る場合には下部食道括約帯は弛緩して開いた状態になります。

 

そして、通常のなんでもないときにも下部食道括約帯が開くことがあります。

 

これを一過性LES弛緩と呼びます。

 

この状態の場合には座っているときや立っているときにも下部食道括約帯が開きます。

 

そしてその頻度が増した状態に胃の内容物が食道へとこみ上げる可能性が高くなります。

 

さらにのどの奥まで胃内容がこみ上げることで喉のほうにまで異物感を与えることになり、異物感とともに苦しむ事態も出てくるわけです。

 

逆流性食道炎の治療についてですが、内科的療法が取られる事が多いです。

 

薬を投与して症状を抑えるほか肥満状態を解消することや、油物あるいはチョコレートの摂取を制限することも改善するためには必要となります。

 

内科的療法がもしも効果が見込めないという場合には外科的療法を行い簡単な手術を行うこともあります。

 

逆流性食道炎はあまり日本人には多くない病気と言われていましたが、食生活の変化により増えてきている傾向があります。

 

バランスのよい食生活をどれだけ維持できるかが病気の予防につながります。

 

 

Sponsored Link