逆流性食道炎 症状 肩こり

逆流性食道炎の症状で肩こりになることも?

 

 

食事をした後に、胃酸がのどのあたりまで来たような感覚を持つことがあります。それが、逆流性食道炎です。

 

逆流性食道炎を起こしてしまうと、強い酸性成分である胃酸によって、食道の粘膜が消化され、炎症を起こしてしまいます。

 

胸焼けが主な症状として知られていますが、意外にも知られていないのが、肩こりとの因果関係です。

 

食道と肩こりにどんな関係があるのかと思う人が多いと思いますが、研究によって関係があることが判明しました。

 

そもそも、逆流性食道炎の原因として多いのは、ストレスによるものです。

 

過度のストレスによって、緊張感がもたらされ、食道と胃の境にある症状が見られるようになります。

 

それが、横隔裂孔ヘルニアと呼ばれるものです。

 

この横隔裂孔ヘルニアによって、肩に張りが出てきます。

 

肩こりを解消するため、多くの人はマッサージやストレッチをしますが、このように、体内環境を改善することで治る場合や、逆に体内環境を改善することでしか治療できない場合もあります。

 

 

Sponsored Link

 

 

では、これらの症状を防ぐにはどうすればよいのでしょうか。

 

まずは、自分が逆流性食道炎になりかけているのか知る必要があります。

 

その目安として、げっぷや吐き気が頻繁に起こる場合には、可能性がかなりあると断言することができます。

 

また、会社や人間関係でストレスがたまりやすい環境にあり、なおかつストレスを発散することが難しい場合には、逆流性食道炎を発症するリスクが非常に高いと言えます。

 

このリスクを減らしたり、症状を改善するのは、意外にも比較的簡単な方法で、誰でもすぐに実践することができます。

 

例えば、適度な運動を心がけたり、食生活を改善してみると、発症のリスクは大いに抑えることができます。

 

例えば、食事では、油っこいものを控えたり、野菜やフルーツなどヘルシーなものを摂取することが挙げられます。

 

なお、逆流性食道炎を長期にわたって放置しておくと、合併症を引き起こすことがあります。

 

 

Sponsored Link