逆流性食道炎 症状 倦怠感

逆流性食道炎の症状と倦怠感について

 

 

逆流性食道炎とは胃液や胃で消化されている食物などが、食道にまで上がってきてしまい、食道の粘膜が炎症を起こすことによって起きる病気のことをさします。

 

症状としては、みぞおちや上胸部痛などに起こる胸焼け、食事中やその後、また、横になったときや前屈したときに喉や口に胃酸が逆流したり、胸部に違和感や不快感を覚えたりします。

 

他にも、咽喉の違和感や声のかすれ、腹部の張りや嘔吐、過度のゲップなどが症状として上げることができます。

 

逆流性食道炎の原因としては、主にタバコや飲酒、肥満などの生活習慣の悪化があり、ストレスなど、高齢者にも多いことが知られてます。

 

通常、食道下部の括約筋は閉じていますが、加齢や食生活等の要因出その閉まりが悪くなると、胃酸が食道へ逆流を起こし逆流性食道炎になります。

 

普段の生活においても、脂肪の多いものや甘いものを摂取した場合には胃酸が多くなり逆流しやすくなります。

 

また、飲酒やタバコは逆流性食道炎の発生を促進し、ストレスに至っては食道の働きを弱くします。

 

 

Sponsored Link

 

 

逆流性食道炎は個人によっては体全体の重量感や肩こり、また眠りが浅くなったりの症状が現れる場合があり、倦怠感を覚えることも知られています。

 

それは、慢性疲労症候群との関係が指摘されており、慢性疲労症候群に見られる症例に逆流性食道炎の症状が見られるからです。

 

慢性疲労症候群は原因不明の強度の疲労が長期間続くことでも知られており、重症の場合には寝たきりになったり就労が困難になることも少なくない病気です。

 

現在でも患者が増加傾向となっていますが、症例の中に逆流性食道炎と関連があることが指摘されており、食生活による胃腸機能の改善が症状に効果があることが報告されています。

 

胸焼けなどの症状が現れなくても倦怠感などを覚えるような場合には逆流性食道炎の可能性もあり、医療施設における検査が安心できる方法となります。

 

また、日常生活においてはストレスなどにおいても倦怠感につながることもあり、食生活だけでなく、生活する上においても注意が必要となります。

 

 

Sponsored Link