逆流性食道炎 症状 声枯れ

逆流性食道炎の症状による声枯れについて

 

 

逆流性食道炎とは強い胃酸が発生したり食べた物が逆流して食道に上がってきてしまう病気です。

 

本来は食べ物を食べると胃で消化されて腸へと下りていきますが、食道に逆流することで様々な症状が現れます。

 

健康な方でも体調を崩したり熱を出している時は、消化が上手くいかずに胸やけや吐き気等の症状に悩まされることがありますね。

 

逆流性食道炎ではこのような症状が慢性的に起こるため、非常に辛い状態が続きます。

 

胸やけや呑酸、胸の痛みが起こりやすくなりますが、咳やのどの痛みを感じる方も多いのです。

 

これは胃液が逆流することでのどが刺激を受けるために起こる症状です。

 

咳が長引くと声枯れが起こるようにまります。

 

のどが痛み、声枯れがしたり食べ物の飲み込みが困難になる前に適切な治療を受ける必要があります。

 

逆流性食道炎から起こる声枯れを治すためには、原因となっている病気から治療しなければなりません。

 

 

Sponsored Link

 

 

逆流性食道炎が起こる原因はいくつか考えられますが、食事が原因となっている場合は食生活を改善することから始めましょう。

 

特に脂質の多い食事を好んで食べる方は注意が必要です。

 

脂質を多く摂取していると胃酸が増えてしまい、逆流性食道炎を発病するリスクが高くなります。

 

また肥満体形の方も発生リスクが高いので、ダイエットの必要があるでしょう。

 

肥満は食道裂孔ヘルニアが起こりやすいため、逆流性食道炎が起こりやすいという特徴があります。

 

思い当たる原因がある方は、症状を改善するためにも原因を取り除くことが必要不可欠です。

 

逆流性食道炎を治療する際は、薬物治療を進めると同時に毎日の生活習慣も改善しなければなりません。

 

食事の内容を見直して胃に負担をかけている脂質やたんぱく質の過剰摂取を控えます。

 

前かがみになる癖がある方は胃を圧迫してしまうため、姿勢を正す必要があります。

 

正しい姿勢を身につけて胃を圧迫しないように気を付けましょう。

 

症状が進行している場合は手術を受けることもあります。

 

 

Sponsored Link