逆流性食道炎 症状 口内炎

逆流性食道炎の症状で口内炎ができる?

 

 

胃液や消化中の食べ物が逆流する逆流性食道炎は、食道や口内に酸性の物質が付着する事で、様々な症状や問題を引き起こします。

 

本来、消化中の物が通る事がない食道は、酸性の胃液などによって傷がつけられ、口の中でいう口内炎の様な症状が発生します。

 

口に出来る口内炎を想像する通り、強い痛みを発生させる程の症状ですから、逆流性食道炎の影響力の強さが分かります。

 

口内炎の原因には、硬い食事や歯ブラシによる傷や、唾液の分泌が減少する乾燥状態、またそれを引き起こすストレスなどが考えられます。

 

それら一般的な症状と共に、逆流性食道炎の影響は無視出来ないので、頻繁に口内炎が発生している場合は、症状の改善に取り組む事が大切です。

 

逆流性食道炎の症状を放置していると、口内炎の頻発に繋がりますから、生活の質を下げる原因になりますし、常に痛みを感じる状況が続きます。

 

また、逆流性食道炎は食道がんのリスクを上げる事が知られているので、口内炎以上に症状の改善が求められます。

 

 

Sponsored Link

 

 

健康な体の人でも、胃酸が食道を通り口に戻る事はありますし、それが原因で口内炎を発症させる可能性が存在します。

 

しかし、逆流性食道炎は通常よりも頻発する症状ですから、口の中に不快感がいつまでも残り、口内炎が刺激されて苦痛が感じられます。

 

喉から酸が戻る逆流性食道炎の現象は、口の奥から出口に向けて粘膜を傷付けます。

 

酸味が口全体に広がったり、胃に不快感が現れた時は、逆流性食道炎と判断する状態にあります。

 

口内で酸を中和出来れば、一時的に被害を食い止めるのは可能ですから、食事の工夫で苦痛を和らげる事が出来ます。

 

放置して改善が認められない場合、口の粘膜だけではなく、歯にも影響を及ぼす事が想像されます。

 

クオリティーオブライフと繋がる問題ですから、社会生活や社会性を失わない為にも、早期に治療を始める事が望ましいといえます。

 

早い段階なら改善は難しくないので、治療期間を短くする利点が得られます。

 

 

Sponsored Link