逆流性食道炎 症状 胸のつかえ

逆流性食道炎の症状に胸のつかえる感覚はある?

 

 

逆流性食道炎とは、胃液が逆流し、食道の粘膜が炎症を起こすことをいいます。

 

代表的な症状は、胸焼けです。

 

胸のつかえが主な症状となります。

 

胸のあたりが痛んだり、重苦しかったり、いやな感じがするなど、不快感を生じます。

 

さらには酸っぱいものがこみ上げてくるような症状が出ることもあります。

 

胸のつかえとは、食道の蠕動運動がうまくいかないために、食べものが胸のあたりでつかえているため、不快な気分になります。

 

胸のつかえによって、食べものをうまく飲み込めない状態になることもあるため、治療が必要になります。

 

逆流性食道炎の治療には、薬物治療が多く行われます。

 

胃酸の分泌を抑え、食道の粘膜を保護し、食道の運動を活発にする効果のある薬が処方されます。

 

胸のつかえがある程度の期間続く場合は、医師のところを訪ねて、症状を話し、薬を処方してもらうことが必要になります。

 

 

Sponsored Link

 

 

逆流性食道炎は、食生活や生活習慣があまり良くない場合に起きるため、医師から食事や生活習慣について指導を受けることが大切です。

 

脂っこいものや、刺激の強い食事、アルコールやコーヒーなどを飲み過ぎないことも必要です。

 

消化のよい、栄養のバランスのとれた食事をしばらく続けることで、治っていきます。

 

こういった症状がよく出る場合は、毎日の食生活を見直し、胃に負担のない食べものをゆっくりと味わう習慣が必要になります。

 

また、逆流性食道炎は、姿勢が悪くてもなりやすい病気です。

 

胃や食道に負担がかかるような姿勢を長時間続けることなどは避けることが必要です。

 

また、腹部をきつく圧迫しすぎると、胃液が逆流しやすくなります。

 

身体を圧迫させるようなコルセットやベルトは避けることが必要です。

 

ゆったりとした気分で、ゆったりとした格好を心がけることによって、胃や食道に負担がかからなくなるため、食事が進むようになります。

 

気分的なものも大きいため、ストレスをため込まないように楽しく過ごします。

 

 

Sponsored Link