逆流性食道炎 症状 のど

逆流性食道炎ののどの症状と対策

 

 

逆流性食道炎の症状は、胸やけや胃もたれだけではありません。

 

のどの違和感や痛みという症状もあります。

 

逆流性食道炎がなぜ起きるかというと、胃酸や十二指腸液が食道に逆流して粘膜を刺激し炎症を起こすからです。

 

それだけでなく、逆流した胃液を気管が吸い込んで、のどに炎症が起こる場合があるのです。

 

 

やっかいなことに、のどの痛みがあっても胸やけがするとは限りません。

 

この場合は逆流性食道炎だとは気づきにくいかもしれません。

 

逆流性食道炎の症状は他にも、咳や嘔吐、げっぷがたくさん出る、声がかすれる、口が臭くなるなどがあります。

 

のどの痛み以外にも心当たりがあれば、病院で診てもらったほうがいいかもしれません。

 

 

病院で治療するとして、その上で自分でも出来る対策があります。

 

その前に、なぜ胃酸が逆流するのでしょうか。

 

 

Sponsored Link

 

 

まず、胃から食道へ胃酸が逆流しないようにする筋肉がゆるむことが挙げられます。

 

他には、胃酸が増える、胃の圧力が上がって逆流しやすくなる、といったものがあります。

 

 

まず逆流を防ぐ筋肉のゆるみですが、食べ物や加齢による衰えが関係あります。

 

衰えはしょうがないとして、食べ物については改善の余地があるでしょう。

 

胃酸が増えるのも食べ物の影響がありますが、アルコールやタバコ、ストレスによっても増えます。

 

胃の圧力が上がるのは食べ過ぎや肥満で圧迫されるのが原因となっています。

 

 

ですから、お酒やタバコをやめたり肥満なら体重を減らしたりといったことが対策となります。

 

肥満でなくてもベルトの締めすぎも原因となるので注意してください。

 

 

最後に食べ物ですが、油っこいものやカフェイン、辛いものや甘いものは胃酸が出やすくなります。

 

それだけではなく、甘いものは筋肉のゆるみにもつながります。

 

タコやイカなど消化に悪いものも控えたほうがいいでしょう。

 

反対に逆流性食道炎に良い食べ物は、刺激が少なくて消化の良いものとなります。

 

また、食べ物だけではなく早食いと食べ過ぎにも気をつけましょう。

 

 

Sponsored Link