逆流性食道炎 症状 おなら

逆流性食道炎の症状でおならは出やすくなる?

 

 

逆流性食道炎とは、強い酸性の胃液や胃で消化と中の食べ物が食道に逆流しとどまることで食道が炎症を起こす病気です。

 

胸焼けや胸の痛みなどさまざまな症状が生じますが、おなら問題に悩まされる人もいます。

 

頻繁におならがでるとか臭いが非常に臭いなどの症状が出ているのでこれも逆流性食道炎が原因と思われがちですが、実は直接的な関係はありません。

 

ただ原因に共通している部分は多いので、逆流性食道炎の治療をしたところおなら問題も解決したということもよくあります。

 

間接的には関係しているのです。

 

逆流性食道炎の原因として早食いをしたり炭酸飲料をよく飲むなどの食事のとり方に問題がある場合があります。

 

おならの原因は食事をとる際に一緒に飲み込んだ空気やガスですが、早食いの人はよく噛まずに飲み込むので多くの空気を同時に飲み込むことになります。

 

また炭酸飲料には大量の炭酸ガスが含まれています。

 

その大量の空気やガスがおならになるのですが、同時にげっぷの原因にもなります。

 

げっぷは空気が食道に逆流することです。

 

これを繰り返すことで逆流を防ぐ役目の下部食道括約筋が緩み胃酸が逆流しやすくなり、食道に胃酸が逆流して粘膜に炎症を起こせば逆流性食道炎となるのです。

 

 

Sponsored Link

 

 

ストレスなどで自律神経の働きが悪くなることで腸内の悪玉菌が増え、おならの臭いが強くなることもあります。

 

ストレスも逆流性食道炎の主な原因のひとつです。

 

おならが臭かったりとまらない場合、大腸がんや腫瘍性大腸炎・大腸憩室症など大きな病気が原因のこともあります。

 

善玉菌が減っていることが原因で乳酸菌をとることで症状が緩和する場合もあります。

 

消化不良を起こしている場合や食物繊維のとりすぎの場合もあります。

 

フードアレルギーや薬の副作用で腸内が弱っておならに影響することもあります。

 

まずは生活習慣の見直しをしてみましょう。

 

それでも症状がよくならない場合は病院で検査を受け、病気があるのかないのかをはっきりさせることが重要です。

 

 

Sponsored Link