逆流性食道炎 症状 治まる

逆流性食道炎の症状はどのくらいで治まるの?

 

 

逆流性食道炎とは、何らかの原因で、胃の中の胃酸が逆流を起こし、その胃酸が食道を焼くことによって不快感を感じる症状を指します。

 

具体的な症状として最も多いのが、胸骨の後ろが焼けるように熱くなる、いわゆる胸焼けで、その他にも、胸の痛みやせき、また、口の中の苦みや酸っぱさを感じたりします。

 

下を向いた場合などは吐き気や声のかすれ、個人によっては喘息に近い症状が現れたりすることもあります。

 

悪化した場合には食べ物がつかえたり、出血などを起こす場合もあり、胃がんや食道がんの原因にもつながることがあります。

 

逆流性食道炎は、一度発症をすると治まるまで時間がかかるのが特徴としてあり、完治するまでには医療施設での治療が必要となります。

 

通常、医療施設では、食道内へ逆流する胃酸を抑えるために薬が用いられており、食道内への胃酸の逆流量を抑えるようにしています。

 

薬物による治療効果は奏功率が90%といわれており高い効果を発揮しますが、薬を中止すると症状が再発することも多く、治まるまで長期間の服用が必要となります。

 

医療施設では、他の対処方法として手術療法を用いる場合もあり、これは胃から食道への逆流防止弁を再構築するという根本的な治療となります。

 

 

Sponsored Link

 

 

逆流性食道炎は日常生活に注意をすることによって症状が治まることが知られており、方法としてはいくつかの改善策があります。

 

まず、飲食に関して改善をすることが上げられます。

 

ここでは胃にストレスがかかる食べ物をできるだけ避けるのことで効果が現れます。

 

胃に負担がかかる食べ物の場合には胃酸も多く分泌され、結果として胃の中に収まりきれずに食道の方に流れ出てしまいます。

 

また、飲酒する場合にも、摂取する量に気を付ける必要があります。

 

改善には普段の姿勢に関しても当てはめることができ、できるだけ姿勢を良くしておく方が効果があります。

 

丸まった状態のままだと胃に負担がかかってしまい、胃酸が逆流しやすくなります。

 

逆流性食道炎は市販の薬を用いても症状が治まることがありますが、一時的に痛みが治まることはあっても根本的な治療とはなりません。

 

医療機関での専門関な診断と治療が必要となります。

 

 

Sponsored Link