逆流性食道炎 症状 背中痛

逆流性食道炎の症状には背中痛もある?

 

 

逆流性食道炎とは、胃液や、胃の中で消化されている途中の食物が逆流し、胃液等の刺激により食道が炎症を起こしてしまっている状態のことを言います。

 

主な症状として、胸焼けや、胸の痛み、喉の痛み、声枯れ、胃の痛み、お腹が張っている感じがする、ゲップが増えて嘔吐しやすくなるといったことを感じる方が多くいますが、その中には、少数派ですが背中痛を感じる方もいます。

 

逆流性食道炎の症状で、どうして背中痛が出るのかと感じると思います。

 

酸の刺激を受けた食道は、身体の中央を通っています。

 

その為、身体の中央にある神経が過敏に反応を起こしてしまい、背中に痛みを感じさせてしまうことがあるのです。

 

その痛みの現れ方も様々です。

 

張っている感じがする方もいれば、とても強い痛みを感じる方もいます。

 

なんとなく重くだるく感じる方もいたり、背中痛と言っても、その症状にはいろいろあります。

 

 

Sponsored Link

 

 

この逆流性食道炎の原因は、タンパク質や脂肪分の多い物を食べ過ぎたり、タバコや飲酒やストレス、肥満等が考えられています。

 

タバコや飲酒は、逆流性食道炎を発症させやすくする効果があり、ストレスは食道の働きを弱めてしまいます。

 

更に、加齢や、背中の曲がった方もなりやすいとされている為、若い方より、高齢の方がなる割合が多くなっています。

 

治療法には、食生活と生活習慣の改善、薬物療法があります。

 

重症な場合には、手術が行われる場合もあります。

 

日々の生活で、胸焼けなどを起こしやすい物を食べ過ぎないことや、タバコや飲酒を控えること、ストレスを感じさせないような生活を送ること、食後すぐに横にならないこと、寝る時は上半身を高くして寝ること、良い姿勢で過ごすことが予防になります。

 

逆流性食道炎になり荒れた食道をそのまま放置しておくと、食道癌になるリスクがとても高くなります。

 

なるべく早く対処することが重要な病気の為、背中痛の症状が出た時は、逆流性食道炎の可能性も疑ってみる必要があります。

 

 

Sponsored Link