逆流性食道炎 症状 体重減少

逆流性食道炎の症状に体重減少はあるのか?

 

 

近年、逆流性食道炎という病気の名前を耳にする機会が多くなっています。

 

逆流性食道炎とは食事の際に摂取した物が胃から食道の方に逆流してしまう病気です。

 

食べ物が食道に留まることで炎症を起こすことが主な症状です。

 

慢性的な胸やけに苦しんだり痛みを訴える方もいます。

 

逆流性食道炎の症状には胸やけの他に嘔吐や声がすれ、咳等があります。

 

胸やけから症状が進行すると嘔吐が起こります。

 

食べた物が上がってくるので気分が悪くなり、食事をしたくないとまで思ってしまいます。

 

これが体重減少に繋がり体力の低下を招きます。

 

逆流性食道炎は精神的なことが原因となっている場合もあり、悩みを抱えていたり過度なストレスを受けていると発病しやすくなるものです。

 

精神的なストレスだけでも食欲不振に繋がって体重減少が始まります。

 

体重減少は様々な病気に対する免疫力も低下させてしまうので、体重が減り過ぎないうちに医療機関を受診しましょう。

 

 

Sponsored Link

 

 

逆流性食道炎が疑われる時は何科を受診すれば良いのか判断が付きにくいでしょう。

 

複数の診療科目がある総合病院なら受付で症状を伝えると何科を受診すべきか教えてくれます。

 

近所のクリニックに行って治療を受けたいという方は、内科や消化器科、胃腸科といったクリニックを選ぶといいでしょう。

 

自分では症状が軽いと思っていても、実は違う病気が隠れていたり症状が深刻化していることも考えられます。

 

適切な治療を受けるためにも医師の診察が重要になってきます。

 

逆流性食道炎を治療にはいくつかの段階があります。

 

症状に合わせて治療法が選ばれますが、比較的軽い症状で住んでいる方の場合は毎日の生活習慣を見直すだけでも緩和される場合があります。

 

特にアルコールを大量に摂取している方や食事の摂取量が多い方、人より早く食べてしまう方は改善が必要です。

 

また刺激物を習慣的に摂取している方も控えめにする必要があります。

 

お腹に圧をかけ過ぎるのは良くないので、ウエストが窮屈な服は避けてゆったりとした服を選びましょう。

 

 

Sponsored Link