逆流性食道炎 症状 咳 痰

逆流性食道炎の症状と咳・痰について

 

 

胃腸に不具合を感じる人は多いですが、逆流性食道炎も多くの人が悩んでいる症状のひとつです。

 

逆流性食道炎は胃酸が胃から食道へ逆流してしまう症状で、食道の粘膜を刺激し、炎症を起こしてしまう病気です。

 

元々日本人には少ない病気でしたが、食生活の変化などもあり、こうした症状を訴える人も増えています。

 

逆流性食道炎は胸焼けや胸の痛みなどがあげられ、咳や痰出る場合もあります。

 

胃酸は食べ物を消化させることができる強い酸性を持ち、強い刺激性があります。胃は粘膜で守られていますが、食道の場合はそうした抵抗力がないことで、逆流してくると炎症が起きてしまいます。

 

健康な状態では胃酸が逆流するようなことはありませんが、姿勢の悪さや肥満、脂肪分の多い食事、さらに加齢により下部食道括約筋の働きが悪くなることで逆流した胃液を胃に戻せなくなってしまうこともあります。

 

 

Sponsored Link

 

 

慢性的な咳や痰が出る原因についても知っておきたいですが、食道の上部は気管への入り口である喉頭に接していますので、寝転ぶなどの姿勢をとると、胃液が食道の上部まで胃液の逆流が起こり、普段胃液に抵抗力がない喉頭はすぐに炎症が起きてしまうこととなります。

 

喉頭が炎症することで、咳や痰のほかにもポリープができる、声がかすれる、声がでにくいなどの症状が出てきます。そしてときには喘息のような症状が出てしまうこともあります。

 

風邪などの症状の場合は、風邪薬や咳止めが役立ってくれますが、胃液が逆流していることで起こる咳や痰の場合はこうした薬では改善することができません。

 

改善のためには胃酸の逆流を抑える治療が必要となります。

 

 

長期に咳がでる、声がかすれるなどの症状は食道がんや喉頭がんといった悪性の病気の場合もありますので、早めに診察や検査を受けることが大切です。

 

胸焼けなどの症状が伴っている場合は逆流性食道炎の影響による可能性も高いですが、いずれの場合も改善のためには早めの診察や治療が必要です。

 

 

Sponsored Link