逆流性食道炎 症状 血

逆流性食道炎の症状で血が出ることはある?

 

 

逆流性食道炎とは、胃酸や十二指腸液が食道に逆流し、食道の粘膜を刺激して粘膜に炎症やびらんを引き起こしてしまう疾患になります。

 

逆流性食道炎の症状としては、胸焼けやみぞおち、上胸部痛などがおこる、食事中や食事した後、横になった時や前屈みになったときに喉や口に胃酸が逆流する、胸部に違和感や不快感を感じる、喉に違和感や声の掠れなどが起こる、腹部の膨満感、嘔吐や過度のげっぷを伴う、流涎に食べ物による食道痛、就寝中に逆流物が気道への誤嚥することによる呼吸器疾患症状などが起こってしまいます。

 

通常は症状が悪化しても、食道で腫れる程度で済むことが多いとされていますが、炎症を我慢し過ぎたり、びらんの度合いが酷くなると出血を伴う場合もあります。

 

食道から出血してしまう場合は比較的少ない出血しかしないものですが、炎症が酷い状態だと大量の血を吐いてしまうこともあります。

 

逆流性食道炎の要因は、ストレスや暴飲暴食、喫煙や消化不良、食道下部括約筋、食道裂孔ヘルニア、妊娠や肥満、便秘や運動による腹圧の上昇などが上げられます。

 

 

Sponsored Link

 

 

治療を行うには、日常において消化の良いものを摂取し、過食や飲酒を避けて、食後に横になるなどの逆流しやすい行為を避けて、就寝時には頭を高くして眠るなど日常生活での対処方法から、胃酸を抑える薬を投与したりする薬物療法のほか、ストレスによる発症の場合には平行して根治を目的とした精神科的治療も行う場合もあります。

 

治療は長期化することも多く、根気よく治療に当たることが重要です。

 

現在では効果的な薬が開発されているため、早く治療を開始することをおすすめします。

 

また再発のしやすい疾患のため、一度に食べ過ぎない、消化の悪い油の多いものなどを食べ過ぎない、就寝前には食事をとらない、タバコを止める、アルコールの摂取を控える、運動を行って内臓脂肪を減らす、ベルトなどの腹部を締め付けることを避けるなどの予防法を行うことが大切です。

 

 

Sponsored Link